CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< お知らせ | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
あるオオゲジの死


何年も前のこと。

ある晩、お風呂に入ろうとした子供達が大騒ぎしていました。
洗面所の置き鏡に、10センチはあろうかと思われるオオゲジが。。
一瞬固まる私。
この手の生き物は本当に苦手。
でも、すっと伸びた触角と立派な脚はちょっと立派に見えました。
…いや、感心している場合ではない。
そこへ夫が掃除機を持ってきて、あっという間に吸い込んでしまいました。
ホッとした気持ちと気の毒な気持ちを残して、その場は一件落着しました。

そして数日後の朝。
掃除機が入った押入れのドアの外に、
ボロボロの大きなゲジゲジの死骸がありました。
あのときの、オオゲジだ!
掃除機に吸われたオオゲジはゴミの中から必死に這い出て、長いホースを辿って外へ出たのでしょう。
やっと外へ出たところで力尽きてしまったに違いない。
足が数本とれているのに、どんなに大変だったことか。
あきらめずに最後まで生き抜いたこのオオゲジの健気な姿に、涙がこぼれてしまいました。

以来、オオゲジが殺せなくなったのは言うまでもありません(^^;

| - | 16:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:07 | - | - |
コメント
コメントする