CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
<< お祭りも終わり | main | びよういん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
遺作
20060929_230619.JPG
7月の末に、四男のお宮参りの記念写真を撮りました。
いつもお祝い事があるたびに訪れる写真館は、
年配のご夫婦が温かく出迎えてくれます。
カメラマンは夫と同年代の息子さん。
口数は多くないけれど、
子供好きらしい優しい雰囲気の人でした。

お盆前に写真が出来たと連絡があり、
お盆明けに写真館に行くと、
そこはなんと息子さんの葬儀の最中でした。
海の事故で突然、亡くなってしまったとの事。

きょう、その写真を受け取りに行きました。
出来上がった写真はみんな実物以上に良く撮れていて、
全員が幸せそうに笑っていました。
撮映の時は全員がまとまらず、とても苦労していたのに。

ご主人に「いい写真ですね。ありがとうございます。」と伝えると
「本当に、みんないいお顔してますね。」と言いながら、
息子さんが撮ったその写真を少しの間眺めていました。

持参したお供えを渡しながら、
「どうか、ご霊前にありがとうございましたとお伝え下さい。」と言って写真館を出ました。
訳のわからないお悔やみになってしまったけれど、
何となく本心をそのまま伝えたくなったのでした。

| つれづれ録 | 16:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 16:45 | - | - |
コメント
コメントする